1. トップ
  2. データ・資料
  3. スクー/ネット動画学習者、利用理由は8割近くが「受けたい授業がある」

2015年11月5日

スクー/ネット動画学習者、利用理由は8割近くが「受けたい授業がある」

オンライン動画学習サービス「schoo WEB-campus」を運営するスクーは4日、会員を対象に「インターネットでの動画学習」に関するアンケート調査を実施しその結果を発表した。調査期間は8月12日から9月8日、有効回答数は834名。

動画学習サービス利用者の居住地

動画学習サービス利用者の居住地

現在の居住地を聞いたところ、1都3県の首都圏に在住が47%、首都圏以外に在住が53%となった。首都圏以外に在住の内訳としては、17.6%が関西地方、11.2%が中部地方と、大阪や名古屋といった大都市を抱える地方が占める結果となった。

動画学習で学ぶ理由と尋ねたところ、「受けたい授業がある」が77.9%となった。

さらに、動画学習で学ぶ理由について地域別でみてみると、「仕事のスキルアップにつながるから」は東北地方が一番多く(80.0%)、次いで四国地方(77.3%)となり、首都圏よりも20ポイント以上の差があることが明らかになった。

受講時間に対する自由度については、首都圏が42.9%であることに対し、中国地方が64.0%、四国地方が63.6%と、こちらも20ポイントも差が開く結果となった。

スクーでは、こうした結果から、オンライン動画学習の時間と場所を問わず受講できる点が好まれていることや、首都圏よりも地方の方が最新の情報を得るためにオンライン動画学習を利用している点が浮き彫りになったとしている。

関連URL

「schoo WEB-campus」

問い合わせ先

スクー
notake@schoo.jp

EDIX2017会場でClassiを体験! 「先生の授業・生徒指導」「生徒の学習」を支援するクラウドサービス 導入事例はこちら
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21