1. トップ
  2. データ・資料
  3. MMD研究所/20代、30代の半数が歩きスマホしていると回答

2015年11月11日

MMD研究所/20代、30代の半数が歩きスマホしていると回答

MMD研究所は10日、20歳以上の男女647人を対象に「2015年歩きスマホに関する実態調査」を実施し、その結果を発表した。

「歩きスマホ」をした経験

「歩きスマホ」をした経験

それによると、「日常的に操作している」が8.7%、「時々操作している」が23.6%と、合わせて32.3%の人が「歩きスマホ」をしていることがわかった。

年代別で見ると、「日常的に操作している」と回答した20代は23.2%、30代は15.3%、「時々操作している」と回答した20代は30.4%、30代は37.4%となり、20代、30代の半数が「歩きスマホ」をしていることがわかった。

さらに、「歩きスマホ」をしたことのある477人を対象に、「歩きスマホ」をしていて、ぶつかった、または怪我をした経験について聞いたところ、21.6%の人が「経験がある」と回答し、2014年同様の調査と比べると4.1ポイント増加した。

関連URL

調査データ

問い合わせ先

MMD研究所

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録