1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 内田洋行/図書館システムと連携 読書通帳機miniを発売

2015年11月11日

内田洋行/図書館システムと連携 読書通帳機miniを発売

内田洋行は、図書館システムと連携して貸出データを通帳に印字できる「読書通帳機」のコンパクトモデル「読書通帳機mini」を開発し、20日から販売開始する。

「読書通帳機mini」

「読書通帳機mini」

図書館のカウンターなどに設置することができ、低価格化を実現したコンパクトモデル。

図書館システムと連携して貸出データを印字し、通帳に貼付されたICタグから個人認証を行い、専用サーバーで管理することができる。タッチパネルモニタで操作が可能。

サイズは幅430mm、高さ430mm、奥行き550mmで、重量は35kg。

販売価格は85万円から(税別)。通帳、システム連携、サーバー関連費用は別途となる。

内田洋行では、地方公共図書館への導入に加えて、全国の小中高の学校図書館への展開を図るとしている。

関連URL

内田洋行

問い合わせ先

内田洋行

アーカイブ

  • 子どものための本格的なテキストプログラミング入門言語 KidsScript オープンベータ公開中
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21