1. トップ
  2. ツール・教材
  3. キヤノンITS/複数OS環境のクライアント管理ソリューションを来年発売

2015年11月16日

キヤノンITS/複数OS環境のクライアント管理ソリューションを来年発売

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は16日、文教市場に向けてMacやWindows、Linuxなど複数のOSが混在する環境におけるクライアント管理ソリューション「in Campus Device(インキャンパス デバイス)」を、2016年1月から販売開始すると発表した。

「in Campus Device」の機能

「in Campus Device」の機能

教育現場では、OSが混在する環境下での端末運用の難しさや、頻繁に実施されるセキュリティパッチやバージョンアップへの対応などにより、学内システム管理者の作業負荷の増大が、大きな課題となっているという。

「in Campus Device」は、キヤノンITSの教育支援情報システムを構築するための独自プラットフォーム「in Campus」シリーズに、新たに加わったクライアント管理ソリューション。

Mac・Windows・LinuxなどOSが混在している環境でも、クライアント端末の運用を効率的に行うことができ、学内システム管理者の作業負荷を軽減するという。

複数OS環境での、各端末の利用状況の監視や電源管理、端末障害時のフローの一元化から実行ジョブの管理など、端末管理に必要なさまざまな機能を集約。

また、BootCamp機能でMac端末にWindowsもインストールされている環境では、端末管理に加えて、ブートイメージのリストアや配信、アプリケーション配信など、OSやアプリケーションも一元的に管理することができる。

さらに、イーゲルが開発したソフトウェア管理フレームワーク「vThrii Seamless Provisioning」と連携。これにより、マルチデバイス混在環境にも対応し、ネットワークブートや差分イメージのオンデマンド転送、セキュリティパッチやバージョンアップなどの更新メンテナンス作業を容易に行えるという。

すでに、東京大学情報基盤センターが「in Campus Device」と「vThrii-P」を採用し、2016年3月から稼動を開始する予定。

「in Campus Device」と「vThrii-P」を組み合わせた端末管理システムの構築参考価格は、端末数100台規模の(ハードウェアを除く)初期導入費用として300万円(税別)となっている。

関連URL

キヤノンITソリューションズ

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ