1. トップ
  2. ツール・教材
  3. アズジェント/添付ファイルの無害化ソリューションに教育機関向けパッケージ

2015年11月18日

アズジェント/添付ファイルの無害化ソリューションに教育機関向けパッケージ

アズジェントは17日、教育機関、地方公共団体向けに、メールの添付ファイルを無害化するためのソリューション「Secure Data Sanitization(SDS)」のパブリックパッケージを提供開始すると発表した。

メール添付ファイルの無害化イメージ

メール添付ファイルの無害化イメージ

アズジェントが取り扱う「SDS」は、メールの添付などによって外部から入ってくるすべてのファイルを無害化する、イスラエルのVotiro社のソリューション。

一般的に脆弱性を利用した攻撃をするためのスクリプトやプログラム、マルウェアはファイルのメタデータや空ビットスペース、マクロの中に潜んでいるという。

「SDS」では、これらのデータをチェックし、ファイルに不要なデータ部分を自動で削除、あるいは意味のない情報に書き換えることで無害化する。

Microsoft Officeファイル、PDF、画像ファイル、圧縮ファイルなど、業務で利用されている様々なファイルタイプに対応。

パブリックパッケージは、「SDS」と5年間の保守がセットになっており、定価は500ユーザで798万2000円となっている。

関連URL

アズジェント

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ