1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. コードタクト/ソフトバンクC&Sと「スクールタクト」の独占販売契約を締結

2015年11月26日

コードタクト/ソフトバンクC&Sと「スクールタクト」の独占販売契約を締結

コードタクトは26日、授業支援アプリ「スクールタクト」について、ソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンクC&S)と公立の小中学校における独占販売契約を締結したと発表した。

スクールタクトはタブレット、PC など機種を問わず利用できる授業支援システムで、2014 年度から実施されている総務省の「先導的教育システム実証事業」のコンテンツに採用されている。

実証事業で提供されている16 のコンテンツの中で常に活用率上位を占めるなど、学校現場での有用性が認められたため、ソフトバンク コマース&サービスとともに、本格的に市場へ展開することとにしたという。

スクールタクトの操作画面

スクールタクトの操作画面

スクールタクトは、コードタクトの後藤正樹 代表が大手予備校講師、高校講師を務めていた際、一斉授業を行なう中で感じた課題について、ICT の活用で解決できるのではないかと考えたことをきっかけに開発されたサービス。

特長として、「紙の教材をタブレットのカメラで取り込み、配布することができ、配布した課題について、タブレット画面でリアルタイムに生徒の解答状況を把握できる」、「生徒同士でお互いのノートを見合ったり、同じノートで一緒に作業することができるので、生徒同士の学び合いを促進する」、「Webブラウザさえあれば利用できるのでインストールの手間もなく、PC・タブレット・スマートフォンなど機種を問わず活用できる」などがある。

コードタクトでは、今回の本格的な市場展開に合わせて、多様な活用方法を模索し、更なる機能改善を目的として、スクールタクトを1 年間無償で使い、活用した感想や製品改善をフィードバックできる学校を募集している。

関連URL

公募の詳細・概要

コードタクト

ソフトバンク コマース&サービス

関連記事

「教師が授業を奏でるように」指揮者が作った協働学習アプリ/スクールタクト

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21