1. トップ
  2. 教育事例
  3. 横浜商科大学/学生が企画した商品を販売するWebサイト

2015年12月15日

横浜商科大学/学生が企画した商品を販売するWebサイト

横浜商科大学は14日、学生が授業で企画した商品を販売するWebサイト「YOT(よっと)」をオープンしたと発表した。

横浜商科大学経営情報学科では、1年次からインターネットショップの運営やスマホアプリを製作する授業を設置。実践的な授業を通して、ネットワーク社会で活躍できるビジネス人材を育成している。

「YOT」は、同大学の経営情報特論A「インターネットを利用した商品企画販売」の中で学生たちが考えた商品を販売するWebサイト。同大学の吉田隆弘講師、と有限会社0.1tの協力で実現した。

同講座の受講生がチームを組み、インタ―ネットを利用した商品販売の実践を学ぶ。

現在、ゆるキャラのマグカップやTシャツ、ネクタイなどを販売しており、今後、講義や経験を重ねてさらに充実したサイトを構築していく。

関連URL

YOT

YOT学生メンバーのコメント動画

YOT Twitter

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録