1. トップ
  2. ツール・教材
  3. F5ネットワークス/筑波大学がFWに統合プラットフォームを導入

2015年12月18日

F5ネットワークス/筑波大学がFWに統合プラットフォームを導入

F5ネットワークスジャパン(F5ネットワークス)は17日、筑波大学が学内ネットワークと学外ネットワークの境界に置かれるファイアウォールとして、アプリケーション デリバリとセキュリティを提供する統合プラットフォーム「F5 BIG-IP 7200v」を導入したと発表した。

BIG-IP 7200vは、境界ファイアウォールに加え、IPアドレスやポート番号に基づくフィルタリングやアプリケーションレベルでの対策が可能なソリューション。

今回の筑波大学でのBIG-IP 7200v導入は、8月に実施されたキャンパス情報ネットワークのリプレースの一環として行われたもの。

筑波大学ではこれまで、キャンパス情報ネットワーク構築のため、学術情報ネットワーク(SINET)との境界にファイアウォールを2台設置し、その前後に負荷分散装置を置いて必要な処理能力(4Gbps)を確保していた。しかし、DDoS攻撃を受けた際の負荷や、複数の外部アドレスから複数の内部アドレスを狙う「N対N」の攻撃への対応が課題となっていた。

BIG-IP 7200v導入により、境界ファイアウォールを1台に統合(バックアップ用のBIG-IP 7200vを含めると2台構成になる)。最大スループットは40Gbpsであるため以前のように外部からのパケット量が処理能力を超えるということがなく、1台に集約したことで管理性が向上したほか、DDoS攻撃へのより高度な対策も可能になるという。

関連URL

顧客事例 筑波大学

問い合わせ先

F5ネットワークスジャパン

教育分野 西日本最大の専門展 関西教育ITソリューションEXPOに出展します! Classi 11.15-17
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録