1. トップ
  2. ツール・教材
  3. バッファロー/タブレット端末100台接続可能な無線LAN来春発売

2015年12月25日

バッファロー/タブレット端末100台接続可能な無線LAN来春発売

バッファローは24日、次世代高速Wi-Fi規格”11ac”に対応し、同時にタブレット端末100台を接続できる文教向け無線LANアクセスポイント「WAPM-1750D」を来春発売すると発表した。予定価格は7万9800円(税抜)。

「WAPM-1750D」は、5GHz帯の最新規格”11ac”に対応した文教向け無線LANアクセスポイント。2.4GHz帯と同時利用することができる。

無線LANのアクセスポイント1台に100台のタブレット端末を同時に接続できる。さらに、40台のタブレット端末で同時に動画を閲覧する際も、安定した動画再生を可能にする”公平通信制御機能”を搭載。

電波干渉のある環境でも安定した通信を実現する”電波干渉対策機能”を搭載するほか、無線LAN導入前の電波状態の確認や、導入後にトラブルが派生した場合の原因解析に役立つ”電波環境見える化機能”も用意している。

また、緊急時モードに対応し、被災時には被災者への無線LAN解放を容易に行える。

なお、保証期間は通常3年で、購入後の登録で2年延長することができる。

「WAPM-1750D」のオプションとして、ネットワーク対応HDMI変換ディスプレイアダプター「LDV-HDA」を別売りする。予定価格は2万9800円(税抜)。

「LDV-HDA」を利用することで、ネットワーク経由でHDMI接続による電子黒板などのディスプレイへ画像を投影できる。さらに、文教向け専用の画像共有アプリを標準添付している。

関連URL

バッファロー

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録