1. トップ
  2. ツール・教材
  3. Apple/プログラミング言語「Swift」をオープンソース化

2015年12月4日

Apple/プログラミング言語「Swift」をオープンソース化

Appleは米国時間で4日、同社のプログラミング言語「Swift」をオープンソースにしたと発表した。

Swiftは、2014年にAppleが発表した、iOSとMac向けのアプリを開発するためのプログラミング言語。

高性能で効率のよいコンパイル言語とスクリプト言語のシンプルさと対話性を合わせ持っているのが特徴。

Appleによると、大学や教育機関の一部が、コンピュータプログラミングの講座でSwiftを教え始めているという。

オープンソース言語化にともない、AppleはSwiftオープンソースに関する詳細な情報を提供するWebサイト「Swift.org」を立ち上げた。

関連URL

Apple

Swift.org

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録