1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 杉並区立大宮小学校/Hour of Codeでプログラミング体験

2016年1月12日

杉並区立大宮小学校/Hour of Codeでプログラミング体験

東京都杉並区立大宮小学校は9日、みんなコードの協力で「Hour of Code」のプログラミング・ワークショップを開催した。

大宮小パソコン教室

大宮小パソコン教室

参加したのは大宮小学校の1年から6年の希望児童約70人で、参加人数が多かったため2回に分けて実施された。講師は「Hour of Code」のボランティアメンバーでもある、同校の栗山崇志教諭。ワークショップをサポートするのは、日本国内における「コンピューター教育」の充実を目的に発足した「みんなのコード」の利根川裕太代表などボランティアメンバー数名。

最初に栗山教諭が「プログラムって何?」と質問すると、子どもたちから「ゲームをつくるもの」「パソコンを動かすためのもの」など、デジタル世代らしい答えが即座に返ってきた。

マイクラの画面

マイクラの画面

ワークショップは、全学年が対象で90分という限られた時間で行われるため、「プログラミングとは」といった説明もなく「Hour of Code」のWebサイトにあるプログラミング学習ツール「Minecraft(マインクラフト)プログラミング入門」にチャレンジ。

「まえにすすむ」「みぎにまわる」「ブロックを破壊」など命令のブロックを組み合わせて、13ステージあるミッション(課題)のクリアを目指す。

先生に聞く前に友だちに聞くがHour of Codeの基本

先生に聞く前に友だちに聞く、がHour of Codeの基本

ステージが進むと「繰り返し」や「if文」のブロックを使ったプログラミングが出てきて、座学では学び方が難しいことも「自分でプログラムして動く」ことで分かり易く経験する。

ステージをクリアすると鳴り響く「チャリリーン」という効果音とともに、子どもたちの「ヤッター」「イェーイ」などの歓声や、「めちゃくちゃ面白いんだけど」「違うやり方でもできるんじゃないかな」といった感想が聞かれた。

やり方がわからない子や戸惑っている子がいると、隣の子が教えたりするという「Hour of Code」では当たり前の風景も見られた。参観していた教師も途中参加して、「だれか助けて~」と声を上げ、児童の丁寧な指導でステージをクリアしていた。

修了証を手渡す利根川代表

修了証を手渡す利根川代表

ワークショップ終了後は、全員が修了証を手渡された。

今回のワークショップは、開催校の教諭が講師を務めることにより、子どもたちとのコミュニケーションや雰囲気作りが効果的に行われていた。「Hour of Code」のプログラミング教材は無料で利用でき、専門的な知識が無くても取り組めるので授業の中での活用も可能だろう。

ということで、記者も「Hour of Code」でマイクラやってみました。

関連URL

Hour of Code

大宮小学校

みんなのコード

 

Classi 悩める先生のための実践アクティブ・ラーニング ワークショップ 参加無料 12.23 先着100名 お申込み締切12/15 お申し込みはこちら
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録