1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. JEPA/著作権法をめぐる最新動向セミナーを2月開催

2016年1月20日

JEPA/著作権法をめぐる最新動向セミナーを2月開催

日本電子出版協会(JEPA)は、著作権セミナー「TPP合意後の著作権への影響の考察と著作権法をめぐる最新動向」を、2月3日に東京・千代田区の森・濱田松本法律事務所で開催する。

主なテーマは、「その後のGoogle Books事件とYou Tube事件」「TPP対応の著作権法改正動向」「教育利用:大学サーバの許容範囲」「新規ビジネスを構築するためのフェアユース規定・柔軟な権利制限規定の検討」「私的録音録画補償金の審議」「エンブレム問題とデザインの保護」。

講師は、森・濱田松本法律事務所の松田政行弁護士。

参加希望の場合は、申込フォームから手続きを行う。

開催概要

日 時:2016年2月3日(水)16:00~18:00
会 場:森・濱田松本法律事務所 [東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング]
募集人数:100名(JEPA会員の受講料は1名まで無料)
受講料:無料(JEPA会員は1社1名まで/2名以上の受講は1名2000円)(非会員は1名につき5000円)

関連URL

申し込み
「TPP合意後の著作権への影響の考察と著作権法をめぐる最新動向」

問い合わせ先

TPP合意後の著作権への影響の考察と著作権法をめぐる最新動向事務局

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録