1. トップ
  2. データ・資料
  3. IPA/ウイルス・不正アクセス届出件数減少傾向に

2016年1月26日

IPA/ウイルス・不正アクセス届出件数減少傾向に

情報処理推進機構(IPA)は25日、2015年第4四半期(10月~12月)のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況と相談状況についての調査結果を発表した。

それによると、2015年に寄せられたウイルス届出件数は、2014年の5014件よりも2056件(約41.0%)少ない2958件となった。

また、ウイルスの検出数は、2014年の8万3028個よりも約66.8%少ない2万7571個、不正プログラム検出数は2014年の38万625個よりも約11.3%少ない33万7736個となり、いずれも減少傾向となった。

さらに、第4四半期に届出されたウイルスの種類は41種類。検出数はWindows/DOSウイルス1996個、スクリプトウイルスとマクロウイルス73個、携帯端末ウイルス11個、OSS(Open Source Software)/Linux・BSDを含むウイルスの届け出はなかった。

関連URL

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況[2015年第4四半期(10月~12月)]

問い合わせ先

情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンタ

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録