1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本SGI/長岡技術科学大が研究用高速計算サーバシステムなど導入

2016年1月28日

日本SGI/長岡技術科学大が研究用高速計算サーバシステムなど導入

日本SGIは、同社の「SGI UV 300」を中核とするSGI製品群を、長岡技術科学大学が次期教育・研究統合計算機システムとして導入することを決定したと発表した。同システムは、同大の情報処理センターに設置され、3月1日から稼働を開始する予定。

今回、長岡技術科学大学は、情報処理教育の多様化・高速化、教育・研究用アプリケーションの多様化・大型化に対応するため、教育・研究統合計算機システムの刷新を決定した。

日本SGIが、長岡技術科学大学に提供するシステムは、研究用高速計算サーバシステムの「SGI UV 300」を中心に、教育・演習用サーバシステムの「SGI UV 30EX」、ファイルサーバなど各種システムに利用される「SGI Rackable サーバ」、総実効容量398TBのストレージ、総数435台の利用者端末用PC、4K対応液晶モニターなどで構成されている。

研究用高速計算サーバシステムに利用される「SGI UV 300」は、8TBのメモリーを搭載した最新世代の共有メモリー型サーバで、理論演算性能値が20.4Tテラフロップス(TFLOPS)と、従来システムの1.98TFLOPSと比べて10倍以上向上している。

同システムでは、バッチ処理システムへのジョブ投入や状況確認、結果取得などの操作で、今回SGIが独自開発したWebブラウザベースのインターフェースを利用することが可能。

コマンド入力よりも大幅に操作が簡単になり、基礎教育を受けている学部から高度な研究を行っている博士課程まで、コンピュータやプログラミングの知識や技術レベルを問わず幅広く利用できるという。

関連URL

日本SGI

長岡技術科学大学 

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ