1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ネットワンシステムズ/横浜国大職員400名向け仮想デスクトップ環境を構築

2016年1月8日

ネットワンシステムズ/横浜国大職員400名向け仮想デスクトップ環境を構築

ネットワンシステムズは、横浜国立大学の全事務職員約400名が利用する仮想デスクトップ環境を構築し、セキュリティの強化や運用負荷の低減、起動速度向上の実現に貢献したと発表した。

20160108_01

横浜国立大学ではこれまで、ネットブート方式(端末の起動時にOSとアプリケーションをサーバからダウンロードして端末側で実行する方式)のシンクライアント環境で業務を進めてきた。

このシステムのリース切れを機に、サーバの利用効率向上、セキュリティ強化、クライアント運用負荷の低減のため、仮想デスクトップ方式を導入することに決定。

今回、仮想デスクトップ基盤に、ネットワンシステムズが提案する、EMC「VSPEX」をベースにした仮想デスクトップパッケージを採用した。この環境は2015年10月から稼働している。

仮想デスクトップパッケージは、仮想デスクトップソフトは「VMware Horizon View」、仮想化ソフトは「VMware vSphere」、サーバは「Cisco UCS Bシリーズ ブレードサーバ」、共有ストレージは「EMC VNX」、セキュリティ対策ソフトは「Trend Micro Deep Security」で構成されている。

これによって横浜国立大学は、職員が取り扱う業務データを完全に共有ストレージで集中管理可能にすることで、セキュリティを強化。

運用面では、マスターイメージ作成負荷の低下、故障端末の交換負荷の低下、管理画面の操作性の向上、そして、端末への毎日のアンチウィルスのパターンファイル更新作業が無くなったことで、運用負荷を大きく低減した。

さらに、端末の起動速度が大幅に向上することで、利用者の利便性も向上したという。

関連URL

ネットワンシステムズ

アーカイブ

  • 子どものための本格的なテキストプログラミング入門言語 KidsScript オープンベータ公開中
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21