1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 姫路市がマイナンバー運用に向けセキュリティ対策に顔認証導入

2016年2月2日

姫路市がマイナンバー運用に向けセキュリティ対策に顔認証導入

ジャパンシステムは1日、内田洋行と共同で、兵庫県姫路市から、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の本格運用に向けたセキュリティ強化対策として、顔認証セキュリティソリューションを受注したと発表した。

この顔認証ソリューションは、ジャパンシステム開発の認証セキュリティソリューション「ARCACLAVIS Ways(アルカクラヴィス ウェイズ)」が提供する機能。専用機器不要、ハンズフリー認証のため、ユーザの利便性を損なうことなくセキュリティ強化を実現できるという。

長くて複雑なパスワードを入力する必要がなく、カメラに顔を向けると認証が完了するため、業務の妨げにならない。また、常時監視機能により離席すると画面がロックされるため、なりすましによる不正利用を防止することができる。顔認証には端末の内蔵カメラ、市販の外付けウェブカメラを利用でき、導入コストの低減が可能。

姫路市では、庁内全ての3600台の端末に利用する予定だという。

関連URL

ARCACLAVIS Ways
内田洋行
ジャパンシステム

問い合わせ先

ジャパンシステム システム基盤事業本部 営業部
security-sales@japan-systems.co.jp

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ