1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. iPad Proのタッチスクリーンと連動して動くロボット「TABO」

2016年2月10日

iPad Proのタッチスクリーンと連動して動くロボット「TABO」

バスキュールとプログレステクノロジーズは、プロダクトチーム「touch.plus」を発足し、その第一弾として、iPad Proのタッチスクリーンと連動して動くロボット「タブレットボット・TABO(ターボ)」を開発した。

「TABO」の利用イメージ

「TABO」の利用イメージ

「TABO」は、iPad Proと連動し、そのスクリーン上を動き回るロボット。

底部に備えた3点のタッチ機構から位置情報を端末にフィードバックし、iPad Proのスクリーンと、その上に乗っている「TABO」の動きを完全に同期したコンテンツ開発が可能だという。

Swift言語に対応したSDKを用意しており、誰でもTABOコンテンツを開発することが可能。

用途としては、実在のロボットの制御を通じてトライアンドエラーを繰り返す、プログラム学習のコンテンツとしても活用できる。

なお、クラウドファンディングを使った販売を予定している。

関連URL

touch.plus

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録