1. トップ
  2. ツール・教材
  3. アルクと日立が共同開発した英語学習のeラーニングシステム

2016年2月12日

アルクと日立が共同開発した英語学習のeラーニングシステム

アルク教育社は、日立製作所と共同開発したeラーニングシステム「ALC NetAcademy NEXT」の提供を開始した。

「ALC NetAcademy NEXT」

「ALC NetAcademy NEXT」

「ALC NetAcademy NEXT」は、約455教育機関で利用されているeラーニングシステム「ALC NetAcademy」をリニューアルしたもの。

語学教育専門出版社のアルクが提供する英文や問題を、学習素材として利用し。自然な会話、飽きのこない豊富な話題、Can-doリストに掲げた学習目標に応じた内容の英文を、学習者のレベルに合わせて提供する。

CEFR-J、TOEICテスト、アルクのSVL12000、TSSTなどとのレベル相関があり、「初級コース」はTOEICテスト500点程度、「中級コース」はTOEICテスト600点程度、「上級コース」はTOEICテスト700点以上の英語レベルとなっている。

関連URL

ALC NetAcademy NEXT

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録