1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソニーGED、学習履歴を安全に相互利用する技術開発

2016年2月23日

ソニーGED、学習履歴を安全に相互利用する技術開発

ソニー・グローバルエデュケーション(ソニーGED)は22日、分散型ネットワーク技術のブロックチェーンを応用し、学習履歴などの情報をオープンかつ安全に相互利用する技術を開発したと発表した。

ブロックチェーンは通信ネットワーク上に存在する端末や交換機に同一の記録を同期させる分散型ネットワーク技術。不特定多数の参加者間で、プログラムや情報の破壊、改ざんが困難なネットワークを作り、自由に権利を移転する目的に適している。

今回開発した技術は、ブロックチェーンを教育領域に展開するもので、個人の学習到達度や学習活動記録などのデータを、特定の二者間で暗号化された形で安全に利用することができる。

これにより、これまで困難だった、個人のリクエストに応じてネットワーク上で試験機関の結果を第三者の評価機関に安全に提供することや、一つの試験機関での結果を複数の評価機関が評価する仕組みが可能だという。

関連URL

ソニー・グローバルエデュケーション

 

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録