1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 映画・映像のバリアフリー目指し無償字幕制作ソフト提供

2016年2月25日

映画・映像のバリアフリー目指し無償字幕制作ソフト提供

メディア・アクセス・サポートセンター(MASC)は24日、字幕制作ソフト「おこ助」の無償版「おこ助community」の提供を開始したと発表した。

20731_QenlJcpRQN

「おこ助community」

「おこ助」は、市販のDVDをコピーすることなく、そのまま字幕制作することができるのが特徴。

字幕の挿入、削除・コピー・移動(各複数一括可)、分割、結合といった機能を搭載しており、文字色やルビ、斜体設定、縦書き、揃えの変更などが行える。

また、バリアフリー字幕の他、英語・中国語など多言語字幕にも対応している。

4月1日から施行される「障害者差別解消法」に伴い、映画・映像コンテンツのバリアフリー化は、教育機関においても課題だという。そうした背景のもと、MASCは、「全ての映像に字幕が付くように」という聴覚障害者の願いを叶えるために、「おこ助community」の提供を決定した。

関連URL

おこ助community

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ