1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 神戸情報大が教育環境構築のためHPE Arubaのソリューション導入

2016年2月29日

神戸情報大が教育環境構築のためHPE Arubaのソリューション導入

Aruba, a Hewlett Packard Enterprise company(HPE Aruba)は26日、神戸情報大学院大学が、同社の各種無線LANソリューションを導入し、教育環境をインフラから支えるネットワーク環境を構築したと発表した。

神戸情報大学院大学では2014年に新キャンパスへの移転を実施。学生数の増加や学内ネットワークがカバーするエリア拡大に備え、高性能な無線LANインフラの整備やその統合管理などが求められていた。学内でのデバイス急増への対応や、教育研究用にも構成を変更できる“柔軟性などから検討した結果、HPE Arubaの提供するエンタープライズグレードの無線LANソリューションに決定したという。

今回の導入では、キャンパス内の8フロアにHPE ArubaのIEEE802.11ac対応アクセスポイントを2台ずつ設置し、屋内全域で無線LANが利用できる環境を整えたほか、SSIDを教職員や事務用、研究室用、学生のプライベート用、ゲスト用などに細分化して運用。既に9割のトラフィックは無線を経由したものとなっている。また、IoT関連研究室でのデバイス活用や、学生のプライベート利用、留学生の母国の家族とのコミュニケーションなどにも活用されている。

神戸情報大学院大学では講義などにオープンソースLMS(Learning Management System)の「Moodle」を活用。LMSを通じた資料配布などでは、20名の学生が1GB程度あるLinuxのCDイメージを一斉に無線LAN経由でダウンロードすることもある。導入した無線LAN環境のもとでは、こうした利用にも問題なくネットワーク接続が提供されるようになったとしている。

関連URL

HPE Aruba エンタープライズグレードのWiFiアクセス・ポイント
HPE Aruba インスタント・アクセス・ポイント(コントローラ内蔵Wi-Fiソリューション)
HPE Aruba 高等教育機関向けソリューション

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録