1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 教育機関向け「Oracle Academy」を刷新 年会費6万円を無償化

2016年2月3日

教育機関向け「Oracle Academy」を刷新 年会費6万円を無償化

日本オラクルは2日、社会貢献活動の一環として、IT技術者育成のためのプログラムを教育機関向けに提供している「Oracle Academy」を刷新すると発表した。

これにより、無償会員制度の導入、最新技術に対応したトレーニングコースや高校・中学を対象にした自主学習カリキュラムの提供を開始する。

「Oracle Academy」は、学生を対象に、Javaやリレーショナル・データベースなど企業システムやコンシューマーITに従事する際に役立つ基本技術についての知識、スキルの習得を支援するプログラム。

今回の刷新では、従来の年会費約6万円を無償化。無料会員制度による「Oracle Academy」の各種プログラム提供を開始する。

また、これまでは団体の入会のみ受け付けていたが、今後は個人の入会も受け付けも行う。

新たに高校生、中学生を対象にしたカリキュラムを提供する。高校生向けには、プログラミング学習を通じてゲーム開発を行うカリキュラム、中学生向けには、コンピュータ・グラフィック制作を行うカリキュラムを用意した。

さらに、ビッグデータ解析に必要な知識を習得するコース「ビッグデータ・サイエンス・ブートキャンプ」や、クラウド・サービスのエキスパートによるクラウド・コンピューティングの基礎を学習するコースなどを大学や研究機関などの高等教育機関向けに提供する。

関連URL

Oracle Academy

日本オラクル

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ