1. トップ
  2. 教育事例
  3. 教育界のノーベル賞に工学院大学附属中高の髙橋教諭がノミネート

2016年3月14日

教育界のノーベル賞に工学院大学附属中高の髙橋教諭がノミネート

工学院大学附属中学校・高等学校は、同校の髙橋一也教諭が、教育界のノーベル賞と称される「Global Teacher Prize(グローバル・ティーチャー賞)」のトップ10に選出されたと発表した。

工学院大学附属中高の髙橋一也教諭

工学院大学附属中高の髙橋一也教諭

「Global Teacher Prize」は、イギリスの非営利教育団体であるバーキー財団が設立し、世界148カ国・約8000人の中から選出された、教育分野で優れた功績を残した教員に与えられる国際的な賞。

img_94390_3 (1)

レゴを使った模擬授業の様子

髙橋教諭は、日々の授業で、思考力の向上を目的にしたレゴブロックの活用、タブレット端末を使ったICT教育の実践、宇宙エレベーターコンテストへの参加、時事問題を英語でディベートするなど常に新しい教育に取り組んでいるという。

2016年度「Global Teacher Prize」のファイナリスト10人の内の1人に選出され、3月12日と13日にドバイ(アラブ首長国連邦)で開催された「Global Education & Skills Forum」に参加し、パネルディスカッションやレゴブロックを用いて思考力を養う模擬授業を実施した。

今回、グランプリの受賞はならなかったものの、「Global Teacher Prize」でファイナリスト10人に選出されるのは日本人教員としては初だったという。

工学院大学附属中学校・高等学校では、「Global Teacher Prize」の選出を受けて特設ページを開設している。

関連URL

【特集】高橋一也教諭が”教育界のノーベル賞” 「グローバル・ティーチャー賞」トップ10に日本人初選出

 

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ