1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 1万5000尾の「デジタルいわし」が横浜・八景島シーパラダイスに登場

2016年3月23日

1万5000尾の「デジタルいわし」が横浜・八景島シーパラダイスに登場

オムロンは、水族館『横浜・八景島シーパラダイス』のアクアミュージアムに、1万5000尾の「デジタルいわし」を使った魚群トルネード「サーディンラン」の体験型デモンストレーションを、3月26日~5月8日にかけて展示する。

「デジタルいわし」の展示イメージ

「デジタルいわし」の展示イメージ

いわしが、サメやマグロなどの外敵から身を守るために集団で泳ぐ姿は「サーディンラン」と呼ばれ、横浜・八景島シーパラダイス アクアミュージアムの名物となっている。

今回オムロンは、人工知能(AI)を搭載した「デジタルいわし」1万5000尾を、185インチの大画面に投影して「サーディンラン」を再現。画面に投影された「デジタルいわし」は、周囲の状況を瞬時に読み取りながら、互いにぶつかることなく同じ方向に整然と泳ぎ、群れをなして泳ぎ廻る。

さらに、来場者が自由に操作できるアイコン「いわしキング」を用意。「デジタルいわし」が周囲の状況をリアルタイムにセンシングしながら「いわしキング」を集団で追いかける、体験型デモンストレーションになっているという。

関連URL

横浜・八景島シーパラダイスに「デジタルいわし」がやってきた!

アーカイブ

  • 子どものための本格的なテキストプログラミング入門言語 KidsScript オープンベータ公開中
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21