1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 堺市がタブレット端末を活用した「生物多様性の授業」を小学校で実施

2016年3月2日

堺市がタブレット端末を活用した「生物多様性の授業」を小学校で実施

堺市は、市立小学校2校でタブレット端末とWebサイトを活用した「生物多様性の授業」を実施する。

キャプチャ

堺市のタブレット端末を用いた授業風景

堺市は、生物多様性の保全・再生のため、2013年に「生物多様性・堺戦略」を策定し、各種施策を進めている。

また、ICT教育を推進するために、堺市内の小学校で教員がタブレット端末を指導用に活用する授業スタイル「堺スタイル」を展開している。

今回の「生物多様性の授業」では、「堺スタイル」と、2015度末に開設予定のWebサイト「堺いきもの情報館(堺生物多様性センター)」を連携し、教師がタブレット端末でWebサイトのコンテンツを利用しながら指導を行う。

8日に土師小学校で、10日に八上小学校で、両校の小学6年生を対象に実施する。

キャプチャ2

「堺いきもの情報館」の活用イメージ

関連URL

堺市

EDIX2017会場でClassiを体験! 「先生の授業・生徒指導」「生徒の学習」を支援するクラウドサービス 導入事例はこちら
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ