1. トップ
  2. ツール・教材
  3. MetaMoJi タブレット活用するリアルタイム授業支援アプリ発売

2016年3月2日

MetaMoJi タブレット活用するリアルタイム授業支援アプリ発売

MetaMoJiは、リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を1日から販売開始した。

MetaMoJi ClassRoom画面イメージ

MetaMoJi ClassRoom画面イメージ

子どもの成長や授業内容にあわせ、シンプルなノート機能から高度な協働学習まで幅広く対応できるリアルタイム授業支援アプリ。小学生低学年から中高生まで、タブレットを活用したアクティブラーニングを支援することができる。

2015年3月に発売した「MetaMoJi Share for ClassRoom」の後継製品で、子どもの成長に応じて選べる「シンプルモード」の編集画面や、生徒の回答の一覧印刷やPDF出力をサポートする機能、協働学習での意見の分類・整理に使える「ふせん機能」などをアップデートした。

認識精度、速度に定評のある日本語手書き入力「mazec」を学校利用に最適化した学校向け「mazec」を搭載。これによって、タブレット上での快適な手書き日本語入力を実現できるという。

また、導入しやすいよう初期導入費用を見直したほか、入学から卒業まで継続利用しても問題のないデータ容量を提供する。

MetaMoJiクラウドを利用する「クラウド版」と、学校内にサーバーを設置する「オンプレミス版」の2種類を用意。MetaMoJi ClassRooomクラウド版の費用は、初期導入費が10万円、20ユーザーIDサービス料金が年額7万2000円(1ユーザー当たり20GBのデータストレージを提供)。追加の場合は、1ユーザーIDサービス当たり年額3600円。

関連URL

「MetaMoJi ClassRoom」

問い合わせ先

MetaMoJi

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21