1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 充電残容量が少ないタブレットを優先充電する収納保管庫

2016年4月6日

充電残容量が少ないタブレットを優先充電する収納保管庫

ライオン事務器は、「タブレット充電収納保管庫」を 5日に発売開始した。

タブレット充電収納保管庫

タブレット充電収納保管庫

タブレットの充電効率をアップすることのできる新方式「スイッチバック充電方式」を採用した充電収納保管庫。

接続した全端末の充電残容量を検知し、設定した電力の範囲内で、残容量の80%未満の端末から優先的に急速充電を行うもので、80%充電で一時中断して待機状態となり、他の80%未満の端末への急速充電を開始する。全端末の80%充電が完了すると緩速充電を開始し、100%充電状態になる。その後は自動的に充電が終了するので、過充電の心配もないという。

また、授業スケジュールにあわせて、夜間充電向けの「ロングモード」、昼休み等向けの「ショートモード」、長期休暇対応「リピートモード」の3つの充電モードから選択が可能。

児童・生徒の安全に配慮し、角に丸みを持たせた天板形状、指はさみや扉への衝突を防ぐための270度開閉扉などの設計も特長。

端末は22台まで収納できる。対応デバイスは、タブレット、タブレットPC、スマートフォン、モバイルPC。

関連URL

タブレット充電収納保管庫<セーフティチャージャー>

問い合わせ先

ライオン事務器

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録