1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネットと慶應大、AI活用の共同研究を開始

2016年4月11日

すららネットと慶應大、AI活用の共同研究を開始

すららネットは、慶應義塾大学と共同で、同社のクラウド型学習システム「すらら」に、人工知能(AI)で生徒と対話する機能「AIサポーター」を搭載し、生徒のモチベーションへの影響を調査する共同研究を24日から開始する。

キャプチャ

「AI サポーター」イメージ

今回の研究では、クラウド型学習システム「すらら」に、生徒の学習データにもとづいてAIが教員の替わり生徒と対話を行う機能「AIサポーター」を搭載。

3つのグループに分けた生徒群に対し、それぞれ異なる種類の対話を行い、生徒のモチベーションに与える効果について、教育経済学を専門とする慶応義塾大学 中室牧子研究室と共同で検証する。

AI機能は、NTTドコモのシナリオ対話と雑談対話のシステムを使い、学習開始時や1ユニット終了時に生徒に声掛けし、生徒とテキストで対話する。

「AIサポーター」は、生徒の個々の学習行動に応じて、人工知能が対話を行う機能を備えており、先生のフォローが行き届かない場合でも生徒個人に合わせた声掛けと対話を行うことができるという。

また、AIの活用で、先生や生徒自身では気付くことのできない生徒の学習行動を察知、適切なフィードバックで、生徒のモチベーションを高めることを実験では期待している。

実験期間は4月24日~10月23日までの6カ月間で、全国150名程度の「すらら」利用者を対象に実施を予定している。

関連URL

すらら

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21