1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. DISが同志社中学校のiPad mini活用事例をWebに公開

2016年4月13日

DISが同志社中学校のiPad mini活用事例をWebに公開

ダイワボウ情報システム(DIS)は、同社の教育ICT総合サイト・DIS教育ICT(初等・中等教育)ソリューションに、活用事例として「ひとつ先をゆく同志社中学校のiPad mini活用とは?」前・後編を公開した。

同志社中学校では2014年度から、生徒がより主体的に学べる学習環境を目指してiPad miniの1人1台体制をスタート。生徒の知的好奇心・探究心を活性化する思考ツールとしてもiPad miniを生かし、学習者主体の新しい学びに挑戦しているという。同志社中学におけるiPad miniの活用事例について、同校図書・情報教育部主任の反田 任教諭に話を聞いた。

ひとつ先をゆく同志社中学校のiPad mini活用とは?【前編】

ひとつ先をゆく同志社中学校のiPad mini活用とは?【後編】

関連URL

DIS教育ICT(初等・中等教育)ソリューション

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録