1. トップ
  2. 学校・団体
  3. WiCCが「障害者差別解消法 ICT活用プログラム」実施

2016年4月1日

WiCCが「障害者差別解消法 ICT活用プログラム」実施

Windows クラスルーム協議会(WiCC)は、東京大学先端科学技術研究センター 人間支援工学分野と連携し、タブレット端末、高速Wi-Fiを貸与するなどして、ICTを活用した合理的配慮を推進する「障害者差別解消法 ICT活用プログラム」を18日から展開する。

「障害者差別解消法 ICT活用プログラム」では、Windows クラスルーム協議会は、学習などに困難のある児童生徒を支援するために、タブレット端末、高速Wi-Fi、学習や生活を支援するためのソフトウェア、アプリなどのICT環境を提供する。

東大先端研 人間支援工学分野は、ICTを活用するためのアドバイス、指導を実施。また、日本マイクロソフトは、Windows クラスルーム協議会の事務局として、同プログラムのプロジェクトマネジメントと、Windows、Office のソフトウェアとサービスの利活用の指導を行う。

実施期間は、2016年4月18日~2017年3月31日で、現在プログラムに参加する教育委員会、私立学校を募集している。

関連URL

障害者差別解消法 ICT 活用プログラム

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ