1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. サイバーソリューションズとアシスト、自治体向けネットワー分離で協業

2016年4月21日

サイバーソリューションズとアシスト、自治体向けネットワー分離で協業

サイバーソリューションズはアシストが提供するクライアント仮想化製品「Ericom」(開発元:イスラエルEricom Software 社)を基盤とした標的型攻撃対策「ダブルブラウザ・ソリューション」に自治体向け専用にメール無害化機能を新たに実装した「CyberMail」が対応及びEricomパートナープログラムにおけるソリューション・パートナーに認定されたと発表した。

標的型攻撃被害の増加やマイナンバー制度の施行を受け、総務省の自治体情報セキュリティ対策検討チームは「自治体情報システム強靭性向上モデル」を発表 し、その中で二要素認証や外部媒体の利用制限のように従来から多くの自治体が取り組んできている内容に加え、マイナンバー等を取り扱う内部ネットワークのインターネットからの分離、およびインターネットメールと内部メールの分離を求めている。

しかし、ネットワークごとに端末とメールシステムを分ける場合、導入・運用コストの増大とユーザの利便性低下が懸念されるため、具体的な実装方法について国から一任された自治体の多くが、現実的なネットワーク分離 のあり方に頭を悩ませているという。

ダブルブラウザ・ソリューションは、統合行政ネットワーク(LGWAN*1)内の業務端末から仮想ブラウザ経由でインターネットを利用し、ブラウザの画面転 送の通信以外をすべてファイアウォールで遮断することによって、標的型攻撃による情報漏洩を防止し、安全なインターネット利用を可能にする。

今回、ネッ トワーク分離を実現する「ダブルブラウザ・ソリューション」とメール無害化機能を実装した統合型メールシステム「CyberMail」が連携し、セキュリティとユーザの利便性のバランスを保ったインターネット分離を実現する。
*1:LGWAN =Local Government Wide Area Networkの略

0420-1

■メール無害化転送機能    ■ダブルブラウザ

関連URL

サイバーソリューションズ

アシスト

実践校による活用事例報告 ICT教育研究会 with Classi 3月20日 明星中学校・高等学校
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21