1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 子ども向けプログラミング教育ツール「IchigoJam BASIC」のライセンス数1万5000突破

2016年5月9日

子ども向けプログラミング教育ツール「IchigoJam BASIC」のライセンス数1万5000突破

ソフトウェアの企画・開発・提供を行うjig.jpは9日、子ども向けプログラミング教育ツールソフトウェア「IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)」のver1.2をリリースし、累計発行ライセンス数が1万5000台を突破したと発表した。

「IchigoJam BASIC」製品画像

「IchigoJam BASIC」製品画像

「IchigoJam BASIC」は、セットアップ不要、シンプルで安価な子ども向けプログラミング教育ツールソフトウェア。

ver1.2では、新たに文字列を使ったプログラミングに対応。より柔軟な発想によるゲーム作りが可能で、また、小型液晶ディスプレイに使った「IchigoJam pocket」や省電力機能等を活用することで、本格的なIoTデバイスの実験、製品化にも活用しやすくなったという。

NXP Semiconductors社のマイコンであるLPC1114FN28用のOS、IchigoJam BASICと「IchigoJam」の回路図の利用については、個人の場合は無料。プログラミング教材として第三者へ販売・提供する場合は、1販売数につき150円(税別)が必要となる。

関連URL

IchigoJam

問い合わせ先

jig.jp
ichigojam@jig.jp

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録