1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタル・ナレッジとSuMiKaが学習空間に最適な小屋を開発

2016年5月13日

デジタル・ナレッジとSuMiKaが学習空間に最適な小屋を開発

デジタル・ナレッジは12日、SuMiKaと提携し、SuMiKaが展開する『家の中の小屋』ブランドのラインナップの1つとして、「学習空間に最適な小屋」の商品開発を共同で進めることに合意したと発表した。

キャプチャその第1弾として、「LearninCockpit[S-POD]」(ラーニングコックピット・エスポッド)の販売を開始する。

「LearningCockpit[S-POD]」は、格子状の棚に囲まれた丸い空間の中に、デスクが配置されており、この内部で学習できるようになっている。

棚を利用することで外界とのつながりや、距離を自由にデザインすることができ、また資料図書やオブジェを置いたり、複数のモニターやデバイスを設置したりすることが可能。

さらに、ラーニング専用のタブレット端末がワンパッケージとなっており、ネットスクール「N-Academy」のコンテンツを中心に複数講座が受け放題になるアカウントも付属している。

関連URL

LearningCockpit[S-POD](PDF)

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ