1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 近畿大附属高がiPad用アプリ「書いて覚える 山川 一問一答」を導入

2016年5月13日

近畿大附属高がiPad用アプリ「書いて覚える 山川 一問一答」を導入

イーストは12日、山川出版社が発行する「山川 一問一答日本史」「山川 一問一答世界史」をベースに開発したiPad用学習アプリを、近畿大学附属高等学校に導入したと発表した。

学習の方法は、書籍の構成に沿った「学習」と、選択した範囲で理解度を確認する「テスト」の二通り。いずれも解答方法として、「選択」(4択の選択問題)と「手書き」(手書き文字認識による筆記問題)が用意されている。

「選択」では的確な判断力とスピードを身に付け、「手書き」は文字通り手書きで解答するため、知識の定着に役立つ。

「学習」では正答率がグラフで表示され、苦手分野を視覚的に把握できる。未解答/不正解問題のみを学習することができるので、定期考査や受験に向けた弱点克服に役立つ。「テスト」では、出題範囲と問題数を指定すると、その範囲でランダムに出題。実際のテストに近い出題方法で学習の成果や実力を測ることができる。

近畿大学附属高等学校では、本アプリが学習の効率化と知識の定着に役立つことを高く評価し、本年度約1300ライセンスの購入に至ったという。

関連URL

「書いて覚える 山川 一問一答日本史」

「書いて覚える 山川 一問一答世界史」

イースト

実践校から学ぶICT教育の活用法 ICT教育研究会 with Classi 3/28 開催!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21