1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 九州大がBookLooperを利用した電子テキストを本格導入

2016年5月17日

九州大がBookLooperを利用した電子テキストを本格導入

京セラ丸善システムインテグレーションは16日、電子書籍ソリューション「BookLooper(ブックルーパー)」を利用した電子テキストの配信・利用を、4月に九州大学全学で開始されたと発表した。

BookLooperストア画面

BookLooperストア画面

九州大学では2013年4月から、学生全員のPC必携化、eラーニングを含む教育の情報化にいち早く着手。2014年10月、基幹教育院において講義資料を主としたBookLooperによる電子テキストの配信が開始された。そして2016年2月には、BookLooperおよび同学のeラーニングシステム・eポートフォリオシステムの利用ログや、シラバスなどの学務情報を使った教育ビッグデータの利活用が本格的に開始され、日本の大学としては初めて、ビッグデータで教育・学修の向上を目指す「ラーニングアナリティクスセンター」が開設された。

BookLooper本の閲覧画面

BookLooper本の閲覧画面

4月からは、基幹教育院だけではなく、専門学部や大学院など全学の学生・教職員約27000人へ対象が拡大され、教育ビッグデータの研究範囲がさらに広がった。利用状況のリアルタイム分析やテキストのレコメンド機能の運用が本格的に開始されたことで、分析結果から学生の学修状況を把握し、臨機応変に授業内容を改善することが可能になったという。

この研究プロジェクトは、情報通信研究機構(NICT)の委託研究「ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の研究開発」において、「ビッグデータの教育分野における利活用アプリケーションの研究開発」として教育分野で唯一採択されたもの。

関連URL

電子書籍ソリューション「BookLooper」

京セラ丸善システムインテグレーション

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ