1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Classiが今夏からアダプティブ・ラーニングを本格提供開始

2016年5月18日

Classiが今夏からアダプティブ・ラーニングを本格提供開始

ベネッセホールディングスとソフトバンクの合弁会社Classi(クラッシー)は、今夏からKnewton, Inc.(ニュートン・米国)のシステムを実装し、日本国内の学校に導入している学習支援クラウドサービス「Classi」へ、アダプティブ・ラーニング(個別適応学習)の提供を本格的に開始すると発表した。

先生のテスト配信画面

先生のテスト配信画面

Knewtonは、世界で1000万人に活用されているアダプティブ・ラーニングエンジンで、生徒の学習理解度に合わせて、学習するべき内容を個別最適化し、生徒一人ひとりに対し、次に取り組むべき問題の提案を行うもの。

近年、生徒の学力が多層化しており、生徒個別の特性に適応した学習を提供できるアダプティブ・ラーニングへの注目が高まっている。Classiは昨年世界有数のアダプティブ・ラーニングシステムを持つ米Knewton社と日本初のパートナーシップに合意し、全国の高校を対象に共通のテスト受験後の理解度に合わせ、個別学習を薦める仕組みを導入するといったアダプティブ・ラーニングの実証研究を実施した。

全国のClassi導入校で実施した実証研究では、偏差値換算で1~5ポイントの学力向上効果や、生徒の学習時間の増加及び満足度の向上が見られ、Classiが提供するICTサービスを学校現場で活用した場合の効果を確認できたという。

実証研究の結果を受け Classiは教育系大手出版社が提供する各教科のベストセラー問題集から選抜した5万問が使い放題となる「問題集パック」にKnewtonを採用し、今夏から全国の高校・中高一貫校向けにアダプティブ・ラーニングサービスを提供する。

これにより、教師が生徒に共通の問題を出題したあと、Knewtonが生徒の理解度を元に、次の問題から生徒一人ひとりに異なる問題を出題できるため、 幅広い授業設計が可能になるという。

関連URL

Classi

ClassiのIDひとつで!さまざまな教育サービスを利用可能にする Classiプラットフォーム 2018年4月よりスタート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録