1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 親子で楽しむコードのないプログラミング絵本「ルビィのぼうけん」を発売

2016年5月18日

親子で楽しむコードのないプログラミング絵本「ルビィのぼうけん」を発売

翔泳社は、親子でプログラミングに親しむ絵本『ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング』を、19日に発売する。

ruby02B3小・中学校でのログラミング教育の推進が始まり、プログラミングに関する知識は必要不可欠になる。『ルビィのぼうけん』は、パソコンでコードを書く方法を教えるものではなく、子どもが将来プログラミングをする時に必要な「考え方のヒント」を紹介している。

この絵本には、プログラミングで使用されるコードは出てこないのが特徴。好奇心旺盛の女の子ルビィが宝石集めの冒険を通して、コンピューターやプログラミング、テクノロジーの楽しさに触れるストーリー。

絵本の後半部には、『自分でやってみよう! 練習問題』というパートが用意されている。親と就学前の5歳前後の子どもが遊びながら、「大きな問題を小さな問題に分けること」や、「ちらばった情報からパターンを見つけること」などのプログラマー的思考を学ぶことができる。

著者はフィンランド出身のプログラマー、リンダ・リウカス。教育大国で育った同氏は、子どもがプログラミングを学ぶ糸口となるような絵本が必要だと感じ、クラウドファンディングで資金を募った。その結果、9000人から約4万ドル(約3800万円)の資金を集めることに成功。約3年かけて絵本『Hello Ruby(原題)』を完成させた。現在、世界15か国で刊行され、世界的に話題を集めている。

書籍概要

『ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング』
著者:リンダ・リウカス
翻訳者:鳥井雪
発売日:2016年5月19日
定価:1,800円(税別)
判型:B5変・114ページ
書籍紹介ページ

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ