1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 古河市立三和東中でスマートスクール構想実現のための実証実験

2016年6月7日

古河市立三和東中でスマートスクール構想実現のための実証実験

KOGAスマートスクールプロジェクト事務局は6日、KOGAスマートスクールプロジェクト参加企業16社が古河市教育委員会と連携し、古河市立三和東中学校で、スマートスクール構想を実現する先駆的モデル構築のため、必要なクラウドサービスとデバイスを活用した実証実験を実施すると発表した。

KOGAスマートスクールプロジェクト

KOGAスマートスクールプロジェクト

プロジェクト参加企業は、三笠商事、エデュケーションデザインラボ、ASUS JAPAN、シネックスインフォテック、リクルートマーケティングパートナーズ、カシオ計算機、泉、フルノシステムズ、NSD、ブリタニカ・ジャパン、コードタクト、教育ネット、来夢とCANVASほか2社。

実証実験では、デバイスや商品、サービス等を提供する各社が、コミュニティウェアNet Commons上で古河市立三和東中学校と情報共有しつつ、授業での検証やシステムの有効性の確認などを行う。

KOGAスマートスクールプロジェクトは、教育現場でのBYOD等、多種類のデバイス・OSが混在する環境で、それらがクラウドプラットフォームのもとで確実に動作し、教育的な効果を上げ、効率化を図れる環境の構築とその検証を行う取り組み。

実証実験から得られた知見をもとに、現実的な解決策として、クラウド環境で動作するアクティブ・ラーニング、アダプティブラーニング、学習支援、ポートフォリオ等の授業支援システムの構築を進めるという。

関連URL

KOGAスマートスクールプロジェクト

実際に体験していただけます EDIX2017に出展 5.17-19 Classi
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21