1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Chrome OSベースのテレビ会議システム用専用端末

2016年6月10日

Chrome OSベースのテレビ会議システム用専用端末

シネックスインフォテックは9日、Google Chrome OSベースのテレビ会議システム向けの新製品として、日本エイサー社製「Chromebase for meetings」(Cfm)専用端末 Chromebase 24「CA24V-N14K」 を7月中旬から販売すると発表した。

Chromebase for meetings専用端末

Chromebase for meetings専用端末

Chromebase 24 「CA24V-N14K」は、Googleが提供するテレビ会議システム(Cfm)を利用するための専用端末。23.8型の大画面、フルHD対応の高精細IPSパネルを採用。テレビ会議に欠かせない、集音マイク、Webカメラ、スピーカーの機能を搭載している。

また、マルチタッチにも対応。

市場想定価格は13万5000円(税抜)。GoogleのCfm利用ライセンス費用(初年度3万5000円)を含む。

関連URL

日本エイサー「CA24V-N14K」

問い合わせ先

シネックスインフォテック

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録