1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 内閣府、金沢大と連携し地域経済分析システム活用した授業

2016年6月13日

内閣府、金沢大と連携し地域経済分析システム活用した授業

内閣官房と内閣府は、金沢大学と連携して提供する「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を活用した第1回の授業を13日に開講する。授業は全8回を予定。

授業では、RESASの基礎的な知識や操作方法の習得を目指す基礎編と、RESASによって地域を分析し、政策提言へ繋げる発展編を提供する。これによって地域の未来を担う学生が客観的なデータに基づいて地域の現状を把握し、そこから浮かび上がる諸課題を解決するためのアイデアを提案できるようになることを目指すとしている。

RESASは、地方自治体による様々な取り組みを情報面・データ面から支援するために内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供を開始したもの。

問い合わせ先

内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 内閣府地方創生推進室
電 話:03-3581-4541

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 簡単設定・安心安全 学校のタブレットセキュリティ チエル WinKeeper TB
  • iPadで英検対応 日本体育大学柏高校 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録