1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. レゴのプログラミングキットを使った家庭学習教材、モニターも募集中

2016年6月15日

レゴのプログラミングキットを使った家庭学習教材、モニターも募集中

アフレルは、レゴ ブロックで動くモデルを作りながら、初めてのプログラミングを家庭で学べる「レゴ WeDo2.0 for home by アフレル」を15日からLEGO education正規代理店で販売開始する。

レゴ WeDo2.0 for home by アフレル

レゴ WeDo2.0 for home by アフレル

レゴブロックと、自由にプログラミングできるデジタル技術が融合したグローバルスタンダード教材。米国・マサチューセッツ工科大学(MIT)の協力を受けて、世界中で100人以上の教育関係者への聞き取り調査や試作品テストを行い、そのアドバイスを基に開発された。

今回、発売にあたってプログラミング学習に興味がある子どもが5歳から9歳の100組の親子を対象に教材を試してもらう「100組 親子体験リレー」を開催。9月末までに100本の体験レポートの公開を予定している。

モニター希望者は、専用Webフォームから応募する。応募の際に体験したい友達を紹介すると「レゴWeDo2.0」購入時に使える「5000円購入割引」をプレゼントするほか、投稿レビューが1位の人を対象に「レゴ WeDo 2.0」をプレゼントする。

また、発売開始特典として7月25日までの購入に限り、アフレル主催の「ワークショップ無料招待券」をプレゼントする。

100組 親子体験リレーの概要

企画概要:プログラミング学習に興味のある子どもが5-9歳の親子100組がレゴWeDo2.0を家庭で2週間体験、その様子をレポートする
対 象:子どもが5歳~9歳の親子
準備物:WeDo2.0ソフトウェアで使用できるPC、タブレット、カメラ(携帯可)

関連URL

100組 親子体験リレー

問い合わせ先

アフレル

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21