1. トップ
  2. 学校・団体
  3. iTeachers TV Vol.53 坂戸高校 黒沢 毅先生(後編)を公開

2016年6月15日

iTeachers TV Vol.53 坂戸高校 黒沢 毅先生(後編)を公開

iTeachers TVは15日、iTeachers TV Vol.53 埼玉県立坂戸高等学校 黒沢  毅教諭の「英会話番組から学校紹介プロモーション映像まで、自作教材で授業を変える!(後編)」を公開した。

iT-53後編の今回は、文法確認、発音矯正など生徒が自分で使えるアプリ、これまでに作った動画教材、学校紹介プロモーションビデオなどをご紹介する。BYOD=Bring Your Own Deviseで生徒のスマホを活用し、評価と繋げることによって、生徒たちは自宅や休み時間でも発音矯正をやっている。ICT活用授業によって生徒たちが楽しみながら効率よく学べ、教師にとっても日々の負担削減につながる方法を、今後もさらに模索していきたいという。

黒沢先生は、外国語科で2年生を担任。外国語科はもちろん、普通科でも毎回のようにPCとプロジェクター、iPhone、そしてデジタルスピーカを使って音声や画像、映像を駆使しながらの授業に取り組んでいる。また、学校説明会用の映像制作や、「TK’s café」と題した英会話番組を4年間にわたり制作しFacebookで放送するなど、授業以外でも積極的に動画を活用している。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、デジタルハリウッド大学の小松 学史講師による「教育現場で使える!ネットサービス活用講座」。今回のテーマは「情報整理と共有編集」。

小松さんは、2000年から映像やWebサイト制作、CD-ROM制作などを手がけるフリーランスとして活動。同時期に複数のスクールで社会人向けの制作に関するインストラクターを行う。2005年からデジタルハリウッド大学の専任講師としてWebサイト制作やFlashコンテンツ制作に関する指導を行う。現在は大学とネオス株式会社のエンジニアとして従事している。

□ 英会話番組から学校紹介プロモーション映像まで、自作教材で授業を変える!(後編)

□ 英会話番組から学校紹介プロモーション映像まで、自作教材で授業を変える!(前編)

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録