1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 日本マイクロソフトとNPOが プログラミング教育施策を展開

2016年6月15日

日本マイクロソフトとNPOが プログラミング教育施策を展開

日本マイクロソフトは、CANVAS、育て上げネットと連携し、コンピューターサイエンス教育施策「Microsoft YouthSpark:Programming for all ~全ての子ども・若者に~」を7月1日から展開すると発表した。

育て上げネット工藤啓理事長(左)日本マイクロソフト樋口泰行会長(中)Canvas石戸奈々子理事長(右)

育て上げネット工藤啓理事長(左)日本マイクロソフト樋口泰行会長(中)CANVAS石戸奈々子理事長(右)

「Microsoft YouthSpark:Programming for all ~全ての子ども・若者に~」は、コンピューターサイエンス教育へのアクセスが困難な、女性、遠隔地在住者、障がい者、若年無業者などの子ども、若者に向けたコンピューターサイエンス教育施策。7月1日から1年間の期間に展開する。

CANVASは、1年間で200人の指導者の育成と、約100回の授業・ワークショップ実施を目指す。

育て上げネットは、「若者UPプロジェクト」に参画する全国のNPOと協働し、3000人の子ども・若者にプログラミングを学ぶ機会提供。なお「若者UPプロジェクト」全体では、今年度1万人へのITスキル習得機会提供を目指す。

日本マイクロソフトは、パートナー企業との連携などを通じて、講師育成、技術ノウハウ、社員のスキルを生かしたCSR、就労体験をサポートする。

関連URL

日本マイクロソフト

アーカイブ

  • 毎小ニュース&漢字ドリル 土庄小学校 活用事例はこちら
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21