1. トップ
  2. データ・資料
  3. 約8割の就活生が就職支援サイト利用

2016年6月27日

約8割の就活生が就職支援サイト利用

eラーニング戦略研究所は、就職活動を行っている大学生を対象に就職活動に対するアンケート調査を3月25日から4月5日の期間実施し、その結果を27日に公開した。

就職活動や就職に対する不安を感じているか

就職活動や就職に対する不安を感じているか

それによると、就職活動を行っている大学生の実に87%が「就職活動や就職に不安」を感じていることが明らかとなった。

また、全体の6割が大学3年の後半に就活をスタートさせてるが、就職が決まらないまま卒業を迎えてしまった大学4年生の66.6%が「大学4年生になってから就活をスタートした」と回答した。

就職活動について、リクナビやマイナビ、キャりタス就活などの就職支援サイトを利用している就活生は79%。内定獲得者の就職支援サイト利用率は100%、一方内定なしの学生は78.1%となり、内定獲得者の利用率が高い結果となった。

さらに、「Webサービス・アプリは使用していない」と回答のうち、内定獲得者はゼロ、内定なしの学生は15.6%。学年別に見ると、既卒者となる大学4年生の3割が「Webサービス・アプリを使用していない」と回答した。

関連URL

大学生の就職活動に関する意識調査報告書 サマリーページ

問い合わせ先

デジタル・ナレッジ

アーカイブ

  • 子どものための本格的なテキストプログラミング入門言語 KidsScript オープンベータ公開中
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21