1. トップ
  2. 先生サポート
  3. iTeachers TV Vol.55 京都外国語大 山川 清太郎先生(後編)を公開

2016年6月29日

iTeachers TV Vol.55 京都外国語大 山川 清太郎先生(後編)を公開

iTeachers TVは29日、iTeachers TV Vol.55 京都外国語大学 山川 清太郎講師の「『コンピュータ・フランス語』で留学生活は踊る(後編)」を公開した。

iT-55後編ではフランス語の授業内容から「ボキャブラリー」と「ミッション」について話す。「ボキャブラリー」では授業冒頭で解説した語彙表現が理解できているかを確認。タスク内容によって、さらに知識を要する場合、学生には目の前にあるPCに助けを求めるよう指示する。

「Mission」では、学生が学んだ知識を活かしてネット上から情報を収集。指定されたフランス語サイトから必要な情報を見つけ、与えられた問題をクリアしていく。また定期的に「復習」の回を設け、文化・語彙表現が理解できているか、その知識を用いて「自らの力で」解決できるかを確認している。

山川先生は、1976年生まれ。関西大学大学院文学研究科フランス文学専攻博士後期課程単位取得退学。ロータリー財団国際親善奨学生としてベルギー・モンス大学に留学。現在、京都学園大学、京都薬科大学、京都外国語大学でフランス語を担当。教科書として「クリスタル」(駿河台出版社)、「ヌーヴォ―!」(朝日出版社)を執筆。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」は、デジタルハリウッドの栗谷 幸助講師による「教育現場で使える イチオシWebサイト紹介」。今回のテーマは「情報を“視覚”で捉えよう」。

栗谷先生は、大学卒業後、流通業に就き、“人と人とを繋ぐ道具”としての Webの魅力に触れ、Web業界へ転進。WebデザインユニットでWebの企画・デザイン・サイト運営等を手掛けながら、各地で関連の講師を担当。デジタルハリウッドでは 専門スクールや大学にて講師として Web デザインのスキルを幅広く伝えている。

□ 「コンピュータ・フランス語」で留学生活は踊る(後編)

□ 「コンピュータ・フランス語」で留学生活は踊る(前編)

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録