1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. イーケイジャパンが第1回「くらしハックコンテスト」を開催

2016年7月11日

イーケイジャパンが第1回「くらしハックコンテスト」を開催

イーケイジャパンは、同社のPUシリーズを使ったアイデアを募集する、第1回「くらしハックコンテスト」を開催する。

磁石センサーモジュール「PU-2207」

磁石センサーモジュール「PU-2207」

「くらしハックコンテスト」は、”くらしの中の自動化”をテーマに、磁石センサーモジュール「PU-2207」、振動センサーモジュール「PU-2208」、4チャンネルリレーボード「PU-2708」、2CH小型DCモータードライバー「PU-2709」というPUシリーズの4製品のいずれかを使った作品を募集する。

大賞の受賞者には副賞として5万円、技術賞とアイデア賞の受賞者にも副賞として2万円が贈られる。

コンテストに先駆けて、ワークショップを、7月23日、8月12日、8月17日に福岡で、8月8日に東京で開催。ワークショップでは、PUシリーズの使い方やIoTを手軽にくらしの中に取り入れるヒントを紹介する。参加費は3000円となっている。

関連URL

「くらしハックコンテスト」

ワークショップ

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ