1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 賞金100万円、芝浦工大が特許技術活かしたコンペを開催

2016年7月14日

賞金100万円、芝浦工大が特許技術活かしたコンペを開催

芝浦工業大学 大学院 工学マネジメント研究科(MOT)は、TIS、エスアイテック、飯田グループホールディングスと共催で、技術を活かしたビジネスアイデアを競うコンペティション「Shibaura Business Model Competition」を開催する。

このコンペでは、芝浦工業大学が出願済みの特許技術をいかにビジネスにつなげるかのアイデアを募集し、最優秀賞には賞金100万円が贈呈されるとともに、ビジネス化が見込まれるアイデアについては、共催各社が実際のビジネスに展開するための起業支援も行う。

エントリー受付は、2016年8月1日から10月31日まで。

開催概要

【テーマ】
芝浦工業大学が出願した特許3件から1件を選択し、これを使ったビジネスアイデアを提案する。
(1) 「巨大磁気抵抗効果を用いた高効率磁化反転デバイス」
(2) 「高強度と高耐食性を有するアルミニウム合金材及びその製造方法」
(3) 「ナノカーボン材料含有ゲルの製造方法~いろいろな素材にナノカーボンを混ぜる~」
【賞金】
最優秀賞 100万円、優秀賞 10万円
これに加え、入賞者がMOTへの入学を希望した場合、入学金相当額(28万円)を支援。
【スケジュール】
エントリー 2016年8月1日(月)から10月31日(月)まで
説明会 2016年8月7日(日)、9月18日(日)
ビジネスコンテストの概要説明、各特許技術について説明
一次審査発表 2016年11月25日(金)
最終審査発表 2016年12月4日(日)

専用サイト

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録