1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 「CLIMB DB」導入した國學院久我山高バスケ部がインターハイ出場

2016年7月21日

「CLIMB DB」導入した國學院久我山高バスケ部がインターハイ出場

CLIMB Factoryは、同社の選手管理システム「CLIMB DB」を導入した、國學院久我山高校のバスケットボール部がインターハイへの出場権を獲得したと発表した。

「CLIMB DB」のイメージ

「CLIMB DB」のイメージ

「CLIMB DB」では、睡眠時間、食事内容、体重、体調など日々のコンディショニングを、生徒がスマートフォンのアプリで入力し、監督やトレーナーが入力内容を確認し、選手にフィードバックを行うことができる。

データの蓄積によって選手ごとの傾向を把握し、最も高いパフォーマンスを発揮できる状態を知ることが可能だという。

國學院大學久我山中学高等学校のバスケットボール部は、3月から「CLIMB DB」を導入。2016年度の東京都高等学校男子バスケットボール東京都選手権兼全国大会都予選で第3位となり、7月31日から開催されるインターンハイへの出場が決定した。

関連URL

CLIMB Factory

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ