1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. BtoC利用に活用できるビデオチャットプラットフォームを学習塾が導入

2016年7月21日

BtoC利用に活用できるビデオチャットプラットフォームを学習塾が導入

FacePeerとコラボプラネットは19日、FacePeerが開発・提供するビデオチャットプラットフォーム「FaceHub(フェイスハブ)」を、コラボプラネットが運営する学習塾ブランチでeラーニングに活用、オンラインでの対面学習サービスとして採用したと発表した。

FaceHubサービスイメージ

FaceHubサービスイメージ

学習塾ブランチの地域校は、「もっと身近に学びの場を」をコンセプトにした少人数制の学習塾。

FaceHubは、「WebRTC」を独自に応用した、BtoBtoC向けビデオチャットプラットフォーム。

一般的なWebRTCは、両者を直接つなぐ”ピア・ツー・ピア”でビデオチャットを行うため、CtoCでのコミュニケーションでは問題ないが、企業と個人のコミュニケーションである“BtoC”では、会話の内容が一切分からない、ログが取得できないなど、企業利用としての課題があった。

FacePeerは、BtoCでの利用シーンを想定してFaceHubを開発。企業が必要とする機能を提供するために、クラウドに通信を制御する”FaceHub”を配置し経由させることで、WebRTCだけでは実現できない、「1対n・n対n通信」「動画自動録画」「会話内容の自動文書化」「画面共有」などの機能を実現した。

問い合わせ先

FacePeer

高校生向け学習支援クラウドサービス Classi dounyuukou 
1800校以上! 有料利用者数70万人を突破!
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ