1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 知育アプリ「あそんでまなぶ!シリーズ」を鹿児島県の保育園が導入

2016年7月21日

知育アプリ「あそんでまなぶ!シリーズ」を鹿児島県の保育園が導入

ユニティは、知育アプリ「あそんでまなぶ!シリーズ」が、鹿児島県鹿屋市のつるみね保育園のデジタル保育用アプリとして採用されたと発表した。

「あそんでまなぶ!シリーズ」は、幼児・児童向けの知育・教育アプリとして、計算、立体認識、音感、記憶など、これまで39シリーズを提供している。

つるみね保育園では、「9割のアナログ保育と1割のデジタル保育」を実践しており、子どもたちが遊びながら学べるメリットを生かしつつ、ICT教育により早い段階でふれあい、これからの教育現場の変革に対応させるため、「あそんでまなぶ!シリーズ」をデジタル保育用アプリのひとつとして採用した。

関連URL

あそんでまなぶ!シリーズ

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ